2011年10月28日

ストレス測定


先日、とあるところでストレス測定をしてもらいました。

ニプロのストレス測定器を使って、唾液に含まれるアミラーゼの量からストレス度を測るものでしたが、0から61-のスケールで、私は「13」でした。これはほとんどストレスが無いのだそうで、測定者が今までで見た一番低い値だと驚かれ、カウンセリングされることもなくあっという間に測定が終了しました。


実は私、ストレスとは苦い思い出がたくさんあります。

まだ精神が不安定だった20代、自律神経の失調が原因の偏頭痛と過呼吸(呼吸困難)の発作が出るようになりました。一番辛かったのは、アメリカ出張に行く時の飛行機の中で発作が出た時でした。しかも席が真ん中の5人席のど真ん中で、席を外すにも外せないところで、一人、席でうずくまって呼吸を整えた覚えがあります。本当につらい時期でした。


ストレスが原因だとわかってからは、仕事のプレッシャーをはねのける強い精神、といっても、受け流すことが多いのですが、この受け流しができるかできないかが大きな鍵でした。ストレス耐性が無いからこその、ストレス対処法として。


しかし、この受け流しは時として「割り切り」とも「あきらめ」ともなり、執着が無くなることと紙一重で、30代はストレスの怖さのあまり、粘り強さやこだわりが消えてしまわないか考えるようになりました。ストレスからの防衛本能みたいなものですね。みんなどうやってストレスとつきあっているんだろう。少し客観的に見れるようになったのも30代になってからでした。


今回のストレス測定結果は、現在の心の満足度と置き換えて「よかった」と喜ぶことにして、社会復帰してストレスを感じる日があってもストレス度をうまくコントロールしていけたらいいですね。




posted by Caolita at 16:34| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

鴨川ホルモー


先日、本屋で目についた「鴨川ホルモー」、引き寄せられるように一気に読み終わった。

なんと豊かな想像力の持ち主か。万城目学・・・。

オニの描写が気になって、映画版も見た。茶巾絞り。なるほど。ぷぷぷ。一度見たら忘れられない。栗山千明の役作りもすごい。浜田岳はハマり役。原作では帰国子女なのに、帰国子女らしいところが無かったのが残念なぐらいで。でも総じて、映画より原作の方が良かったな。


鴨川ホルモー (角川文庫) [文庫] / 万城目 学 (著); 角川グループパブリッシング (刊)


posted by Caolita at 16:42| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

ごぶさたしています


ごぶさたしています!

日本での生活にリズムが出て来た、というほどではありませんが、

フラメンコの新しい先生との出会いがあり、

スペイン語の新しい先生との出会いもあり、

旧友との再会もあり、

それなりに充実した日々を過ごしています。

といっても、アメリカでの時間の流れと比べると、なんとのんびりしたことか。。。

この時間の流れに慣れてしまうと、ますます社会復帰がおぼつかなくなりそうです。


急に秋がやって来て、周囲が寒い寒いといっているのを聞いているそばで、

あいかわらず、汗だくなわたくしですあせあせ(飛び散る汗)・・・。

ちょっと駅まで小走りダッシュ(走り出すさま)するだけで、電車に乗ったら顔に汗がにじむを通り越し、額から汗がたれてくる、、、。

ブーツはまだ履けませんねー。(先日履いたけど暑かったふらふら




そんな中、最近ショックだったこと・・・。

先日、超色白の友人と鏡に映った自分を見た時。


わ、わたし、黒い。


そうなんです。
カリフォルニアの日差しでダメージを受けて、
肌が乾燥しているのはわかっていましたが、
ここまで日焼けがひどいとは・・・。

アメリカで日傘を差して歩けなかったのが痛手でした。


秋でも日傘を手放せない今日このごろです・・・

今からでも遅くない!
そう信じて、美白にいそしむ毎日です。


posted by Caolita at 11:12| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。